寝た、後、過去書き換え。


Pocket
LINEで送る


風邪が治った!
と思いきや、あんまり治ってなかった。

ゲフゲフと咳が出るので3度目の内科受診。

そしたら、「まだ喉が荒れてるねー」、と。

肺の炎症は治まってきているが、喉が荒れているので咳が出るのだろうとのこと。
昨日は薬をもらってきて、そのまま寝る。

20時に寝て9時に起き、朝食を食べてまた少し寝た。


スポンサーリンク

そして、16時、ベッドから這い出てきてPCの前に座るが、やはり咳が出る。
今日の仕事は短時間に止めておこう。

ベッドの上でどうしてもしたかった作業が、「過去の塗り替え」。
先日の投稿でこう書いた。

1月 昨年のJリーグ関係で色々回った肉体的、精神的疲労でフラフラに
2月 これから執筆を始めるという精神的ストレスでカリカリ
3.4月 集中的執筆による体調不良
5,6月 出版直前の激務による体調不良
7月 ブラジル滞在による疲労 (風邪は引かないように気合いで抑え込む)
8月 ブラジルの疲れと夏バテで慢性的な酷い体調不良
9月 半ばまで夏バテ、半ばからは風邪
10月 延々と風邪

これを書き換えたい。

★1月 昨年のJリーグ関係で色々回った肉体的、精神的疲労でフラフラに

⇒昨年、Jリーグ初観戦からの充実した経験によって、エネルギーを使い果たす。肉体的&精神的な疲労はあったが、多くの仲間が増えて、人生がとても楽しくなった時期。

★2月 これから執筆を始めるという精神的ストレスでカリカリ

⇒初めての著作に取り組むので、夢への挑戦という大テーマに挑戦する緊張感のある時期。

★3.4月 集中的執筆による体調不良

⇒夢遊病のようになりながら、執筆を続けた。ハードではあったが、充実した時期であったことは間違いあるまい。

★5,6月 出版直前の激務による体調不良

⇒自分の書いた原稿が、1冊の本へと形を変えていく。原稿を出したらはいおしまい、ではなく、次々と修正点が出てきた。作業量的にはとてもしんどかったが、一歩一歩進んでいく感じは悪くなかった。

一方、ブラジルの準備は非常にハードでこっちは本当に大変だった。全部終わったのは、飛行機が飛び立つ10分前。

★7月 ブラジル滞在による疲労 (風邪は引かないように気合いで抑え込む)

⇒ブラジルは、ちょーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー楽しかった!!!
確かに、死ぬほど疲れたし、金も飛んでいったが、ブラジルに行ったことには一片の悔いもない。
ブラジルにワールドカップを観に行くなんてなんてぜいたくなことなんだろうか。

★8月 ブラジルの疲れと夏バテで慢性的な酷い体調不良

⇒ブラジルで得た成果は大きく、頭と心の中は書きたいことで溢れている。
しかし、体調不良は深刻で、ブラジル以降まともに文章が書けていないのは事実。

高く跳ぶために、深く沈んだ時期と位置づけられるだろうか。

★9月 半ばまで夏バテ、半ばからは風邪

⇒夏は駄目。これはもう黄金律。来年からはどこかに避暑に行きたい。
ただ予算がなぁ……

★10月 延々と風邪

⇒治らない風邪。本当に困ったものだ。
ポジティブな書き換えは難しいのだが、この期間に「書きたい」という欲望は積み重なっていった。

後は治れば、高く跳べるはず。

というわけで、今日も早く寝たい。
明後日くらいにはいくらなんでも治って欲しい。

Jリーグの魅力を、渾身の力で伝える。そんな文章が書きたい。


スポンサーリンク