週3ワークが呆気なく実現し、書店業の密度が増す。

週3ワークになりました\(^o^)/ ディティールはこれから詰めなければならず、契約をこれから再び締結する必要があるが……。現実として、週3日くらいの仕事量で、得意な書籍部門を中心に働けることになりそうなので、とても嬉し…

シメオネイベントと面白い出会いについて

お盆だというのにサッカーイベントを開催してきた。 今回はシメオネ本の翻訳者江間さんと、説明不要の西部謙司さんのトークイベントでした。 シメオネ 西部さんといえば、ぼくが「サッカーを言葉にして語る楽しさ」に目覚めたきっかけ…

VALUを伝えるコスプレイヤーとの出会い(萌え要素あり)。

BOOK LAB TOKYOの店番をしていた。妙に電話でのお問い合わせが多い日だった。 ぼくは電話の応対があまり得意ではない。耳がそれほどよくないので、相手の表情や口の動きなどで補っているためだろうと思う。だから、電話応…


週3ワークを求めて

出勤30分前。 渋谷駅付近のラウンジに辿り着く。 クラシック曲が流れるこのラウンジでのゆったりとした時間は貴重だ。 飲み物が飲めないのは残念だが、ほっと一息をつくことが出来る。 ここのところ実にストレスフルな日々を送って…

自由になるための年収3倍増計画 中編

前編はこちら。 自由になるための年収3倍増計画 前編 | | はとのす さてさて、続きを書いていこう。 どうもお金がないことは美徳だと考えていた節がある。お金を稼ぎすぎると人に嫌われるため、稼がないほうがいいのではないか…

ライターではなく作家と名乗ること。3月27日に上野で講演会をします。

ライターとは「書く人」のことで、作家とは「作る家」です。 「家」というのは何かというと「専門家」という意味合いでしょうか。 ライターと言った場合には、字面の上では、単純に「書くだけの人」となります。 一方で、作家と言った…


文章の書き方講座のようなものをやりたい。

ここのところ、ブログを真面目に書くべきなんじゃないかと思うようになってきた。 昨年の11月くらいからもちょこちょこ更新はしているのだが、主目的が動かしていなかったブログを動かすことと、「書き癖」を取り戻すことであったので…

文章は高貴な嗜みである。

  ピー……、ピー……、ガガガ、ピー……、ピー……。 渋谷の職場で昼休みとなった。もてあましてしまうことも多い時間だけど、この区切られた範囲で何かしらブログ記事を書くのもいいかと思い、トライしてみる。 倉庫状態…

酒有り、飲むべし、吾酔うべし

酒飲みに憧れていた。 これは中学生の時から読み続けた「こち亀」さんの悪影響のような気がしている。 ここのところお酒を飲む機会があまりなかった。 いや、あるいにはあったが、お外まで出かけていって、しっかりと飲む機会はほぼ皆…