週3ワークの実現とサッカー本の新連載について

夏の暑さがつらすぎて、書き物が全然進まないでいる。 南国に文学者は生まれない。というような意見もある。 いないわけじゃないだろうけど、寒いところのほうが多い傾向にはあるのは感覚的にもわかる。 しょうがない。暑い中文章なん…

2012年の記録 vol.4「サッカーとバスケの比較

いやはや、調子が悪い。 ここのところ、何もかも不規則な上、とっても暑いので、気を抜くとモチベーションがごっそり抜けていってしまいそうになる。ストレスも溜まる。最大の要員は左足首の捻挫。 全治一ヶ月の名に恥じぬ面倒な怪我で…

2012年の記録 vol.3「サッカーについて その2」

ほんのわずかに時間が空いたので、過去のブログを発掘していきたいと思う。 この記事は、恐らくフットサル後のけだるい昼の時間帯に書いたもの。 更新日:2012年6月13日 タイトル 「サッカーについて その2」 重心を前を意…


2012年の記録 vol.2「サッカーについて その1」

足を捻挫する。 かばって歩く。ここのところ休みが少なく、直近10日間で休みが1日であった上、原稿もたまっていたので早朝から深夜までずっと予定が埋まっていた。 結果。 ギックリ腰。 いや、ピリッという音がしただけなので、ま…

2012年の記録 vol.1「研究(サッカー)へのモチベーション」

この記事では、大学院(東京大学大気海洋研究所)に所属していた頃に書いたブログ記事を引用している。偶然過去ログを見つけたらあまりの懐かしさに涙が出てきた。非公開にしたブログに掲載しておくのも寂しいので、時々掘り起こしてこよ…