はとのす検索キーワードを紹介 その1


Pocket
LINEで送る


まだ正月ボケしているのでゆるい記事しか書けません。
というわけで、検索からはとのすに来る人はどういうキーワードで検索しているのが適当に抜粋してみようと思う。ゆるい記事なのでゆるい気持ちで読んで頂きたい。


スポンサーリンク

「はとのす」 2713件
そりゃそうだよね。余裕の1位。自分でも使うときあるくらいだ。
「リッキールビオ」 398件
確かにルビオのことは書いたことがあるけど、こんなに上に来ているとは。日本語でのNBAの情報って少ないのかもしれないな。

「fc東京」 276件
試しに検索してみたけど、見つからなかった。なんでこんなに上位なんだろうか。試しにfc東京で検索してみたらこんな本をみつけた。これは買いだ!!!

「森重真人」 232件
日本広しといえども、日本代表戦の感想記事のタイトルに森重の名前を入れたのはぼくくらいなんだろう。

「鹿島アントラーズ」 108件
アントラーズは4ページ目に出てきた!! 普段から「はとのす」ばっかり検索している人だともうちょっと上位に出てくるのかもしれない。

「涙なくして語れないある夫婦の物語 ネタバレ」 69件
何のことだか全く分からなくて検索してみたら、風立ちぬの記事が引っかかっていたらしい。

「阿部理」 58件
講演会&クリニックでお世話になった阿部さん。なんと4番目に出てきます!!

「フットボリスタ 月刊化」 42件
月刊化でどう変わったのかを追ってレビューしていくつもりだったのだが…… 海外サッカーを全く見る時間がなくなってしまい、フットボリスタ自体も電子書籍として溜まっている状態。1月中には読みたいな。

「マインドマップ 自己紹介」 38件
この記事はピリリと利いた良い記事だったと思う。

「風立ちぬ 初夜」 28件
……
皆さん、どうですか。このキーワード。検索したら4番目だった。

あれは、なかなか凄いシーンだった。

「tornadoes academy tokyo 23」 25件
立ち上げ中のバスケットボールの育成クラブチーム(といえばいいのだろうか)の名前。東京23FCというサッカーチームがあることに気付いて、やばいよやばいよーかぶってるよーとパニックになった。

先日そのチームのサポーターの方とお会いして、そのことを話したら「コラボすればいいじゃないですか!」と明るく言われた。何をどうコラボすればいいのかわからないけど、是非仲良くして頂きたい。

「jリーグを見に行ったら大変」 22件
観に行って、ブログ記事を書いたら大変になるぜ!!

ちなみに、「見る」と「観る」は明瞭に区別して書いているのだが、時々変換ミスで間違えてしまう。

「在宅ライター 月収」 17件

ぼくがやっていた時は10万円くらいが限界だった。もう少しうまいこと立ち回っても20万くらい。単価の高い仕事をうまくとってきて、技術も上がってきたら30万くらいいくかもね。

「なぜfc東京はルパンの歌を歌うのか」 9件

知りません!!!

「金儲け ブラック」 6件
検索結果をみて納得。

「ビールの飲みすぎは善くない」 5件
良くないではなく、善くないと書いたところに、倫理学的な精神を感じる。確かに飲みすぎは善くない。

「はとのす 部ログ」 4件
それでも出ちゃうのね。

「涙なくしては語れないある夫婦の物語 結末」 4件
載っていません。

「wordpress ライター 続かない」 3件
涙無しでは読めない検索ワード。

「風立ちぬ きて」 3件
なかなか奥ゆかしい。

「バモ 東京 この人はヤバイぜ」 2件
誰の事かしら。

「風は吹いているかね」 2件
こういうワードで検索するようなかっこいい大人になりたい。

「風立ちぬ 電気 消す」 2件
これもなかなか奥ゆかしい。

「文章が書けない 意見が言えない」 2件
文章を書くのは難しい。書くのが苦手な人は、アイディア出しに30分、構成に30分、下書きに30分くらいかければ何とかできると思う。文章というのは10分や20分で何とかなるような性質のものではない。

ぼくの場合は、例えば浦和レッズの記事はアイディア出しだけで4日くらいやっていた。ひたすら歩いて思いついたことをノートに書く。あの試合はなんだったんだろう、浦和レッズというチームはどういう存在なのだろうと考えて考えて考え抜く。

そして、山のように出てきたアイディアをどれを使うか、どの順番で並べるか。これにも時間がかかる。そして、最後にそれを文章にする。

文章が苦手だという人は、文章のために使う時間を50倍くらいに増やしてみたらどうだろうか。時間をかけて頑張って書くと、書き手の魂が文章に宿る。

というわけで、書いているうちに最後は本調子になってきたので、このへんで。どこかでその2をやるかもしれないが、予定は未定ということで。


スポンサーリンク