サッカー書籍関係者飲みなど


Pocket
LINEで送る



スポンサーリンク

皆様こんにちは。
これからしばらく毎日更新をやってみようかなと。
ちゃんとした文章を綴るのは大変なので日によっては箇条書きにしようと思います。

ちょっとしたログをつけるのと同時に、ブログを書く余裕すらない日を計測します。

今日は午前中、執筆時間のつもりだったけど、時間がうまくとれず。
(二日酔いで11時まで寝ていた)

車で王子に向かい、王子のキーコーヒーにてこの記事を綴っている。
これ書いたら原稿をいじる。その前にゲラの修正しないとか。締め切りは6月2日だからまだもうちょっとあるな。原稿にしよう。

なにせこの後のフットサルで編集者に会うのである。

そう、今日はフットサル。運動は「やらなければならないものと位置づけて時間をしっかりとるべき」(by Eiji Hattori)という至言を得られたので、最優先で時間を確保する。

その後の飲み会はどうせ飲めないし、ご飯だけ食べて退散しようかな。

昨日は、「サッカー書籍関係者飲み」というものがローンチされた。ローンチってITベンチャー系の記事見るとしょっちゅう見る言葉なんだけど、ぼくはちょっと苦手。

Launchのことなんだろうけど、Launchってローンチなのかというとなんか違うような気がする。英単語に結びつけたイメージ(ロケット発射ドカーン!)と、ローンチという間が抜けたカタカナがうまく結びつかないせいなんだろうと思う。

ェラォーンチッ みたいな感じなのよね。ぼくの中では。チの切れ味が悪いと、Launch感がない。ローンという字面は借金な感じがするし、ンチだけみるとアラレちゃん。

なんかマヌケなのよね。

ロケットが発射するぞ、行くぞ!!
5,4,3,2,1,GO!!!!!!

というDon’t stop me now感が欲しいの。Launchには。

何の話だっけ。もう毎日書くとなると失敗しても戻って消している時間はない!!

サッカー書籍関係者飲みは、サッカー本とか雑誌とかの未来を、サポーターを中心としたサッカーフリークで作っていこうというような趣旨で、色々と面白い企画が立ち上がりつつあった。中心人物(横浜FCサポ)の安定感が半端じゃないので、諸々のことはおまかせしつつ、文章が必要になったときには全力でコミットしようと思う。

そうそう、コミットするというのも最近よく効く用語なんだけど、これは慣れたから使えるようになってきた。けど、何となく犯罪をしているような語感があるのよね。

「コミットする」とはどんな意味ですか?私の上司がよく使う言葉… – Yahoo!知恵袋

こんなのあった。
スポンサーリンク

昨日一番うれしかったのは、「蹴球文化論」の制作をした方から、前書きを褒めてもらったことかな。あれ、本当に苦労した文章で、3日くらいかけて書いたので、やはり褒めてもらえると嬉しい。

最初のほうがグダグダになることがわかっていたため、読者がKFGワールドに慣れるまでの動線として、それなりの細工をした文章が必要だなと思ったわけですよ。あれも「なんか前書き書いて」という大雑把な依頼に基づいて書いた割にはよくできたかな、と。

というわけで今日はこのへんで!!

あ、「サッカー書籍系の飲み会」はまた開催予定です。特に書店関係者を絶賛募集中です。本を出しても並べてもらえないと売れないものだから。

というわけで、書店関係者でご興味有る方はご一報下さい。

そして、来週火曜日にイベントに出るので、よかったら来てくださいまし!

5月30日(火)にカフェについて語るイベントをやります! | はとのす
スポンサーリンク