書評:『印税で1億円稼ぐ』千田 琢哉著


Pocket
LINEで送る


今日は、印税で1億円稼ぐという本について書く。

守銭奴の香りがプンプンしてきましたね。一億円も稼ぐなんて、金の亡者ではないかと!!

タイトルだけ読むと、手軽に大金を稼ぐ方法のように見えるし、アマゾンレビューを覗いてみると実際に、そういった期待をして購入した人が「残念です」と書いている。

それもそのはずだ。この1億円というのは生涯で稼ぐ額のことである。すなわち、『印税で一億円稼ぐ』は「生涯、作家活動するためのノウハウ本」なのである。


スポンサーリンク

まずは額の大小を考えてみよう。

作家活動を続けられるのは何年だろうか。ぼくの場合は32歳から始めて、仮に72歳までの40年間活動するとしよう。合計1億円の印税を稼げたとする場合、1年あたり250万円という計算になる。

「東洋経済オンライン」によると、主な上場企業3238社の生涯年収は2億1350万円とのことだ(ちなみに、ランキングトップの「キーエンス」は6億1561万円となっている。顕微鏡を研究室に売りに来ていたあのおじさんたちは、高給取りだったのだろうか)。

最新版!「生涯給料」トップ500社 | ランキング | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

学歴や勤続年数によっても当然異なるが、公務員の場合には2億5000万円ほどと推計できるそうだ。

公務員の生涯年収とサラリーマンの生涯賃金 | はじめて個人年金保険

さて、話を本題に戻そう。印税で一億円稼ぐということは、累計100万部ちかくを売り上げている大作家である。しかしながら、大作家であっても、印税だけでは公務員の生涯年収には届かないのだ。もちろん、副業をする、あるいは本業が別にあって副業として書くとか、講演やメディアへの出演、原稿料などもあるので、生涯年収で考えるともう少し大きくなるだろう。

しかし、印税で1億円というのは、作家として生きていくための非常に現実的な目標なのである。そう認識した上でこの本を読んでいく必要がある。

前述したように、この本は「生涯、作家活動するためのノウハウ本」である。そのため、文筆業をして生きていこうと思っている人か、文筆業の人がどうやって生きていくのかに興味がある奇特な人以外にはあまりに役に立たない。むろん、ぼくの場合は、前者である。

・楽して稼ぎたい人は、最も向いていない。

「楽して稼ぎたい人は、一冊書いて割に合わないと知って去って行く。」
「こんなに好きなことをさせてもらっているのだから、効率の悪さは仕方がないと思う人はセンスがある」

楽ではないとは思っていたが、ここまで楽ではないとは思っていなかった。しかし、ぼくは書くことをやめようとは決して思わない。なかなか書き終わらない苦しさを抱えているし、次からは何とかもう少し効率アップしようとは思うが、文章表現を発表できる場があることが幸せでしょうがないのである。

著者の千田氏は、非常に効率の良い書き方をしているように思えるが、それでも割には合わないと思うようなので、恐らくぼくも一生そう思うことだろう。それでも、文章を書く以外にやりたいことなどないのである。


・「売れなくてもいいからいい本を書きたい」は戯言

「売れる本がいい本なのだ。本は売れてナンボなのだ。」

これは強く実感する。売れない本を何冊か出したら、もう二度と本は出せなくなってしまうだろう。だから、すべて真剣勝負、自分のすべてを懸けて書き上げる必要がある。

・一冊目に、一点の曇りもなく自分の全てを注ごう。

「処女作に10冊分の魂を込めた著者は、この先10冊は書ける。」

「処女作に1000冊分の魂を込めた著者は、この先1000冊は書ける。」

ぼくは、『サポーターをめぐる冒険』に自分のすべてを懸けた。魂を込めて書いた。何度かスカスカになって、何も書けなくなって、それでも自分を追い込んで追い込んで、絞り出した。

ぼくは何冊分魂を込められただろうか。この物差しはいままで持っていなかったのだが、30冊分は軽くあるとは思う。それが100冊まで届くかどうか。

・大手出版社より、中小、中堅出版社。

ぼくの本を出版してくれた「ころから」は、3人でやっている出版社で、中小どころか「最小」の部類である。そこから本を出したことについては、これ以上の選択はなかったなと思っている。

これから大手の出版社から声がかかって、大きな企画をするということはいまいち想像できていない。作家人生が長く続けられたら、色々なご縁はあるだろうけど、やっぱり小さな出版社と二人三脚でやっていく方式が、ぼくには性に合っているのかなという気がしている。


スポンサーリンク

これ以下、増刷についての考え方や、販促、収入についてがコンパクトにまとめられている。
この書籍に書いている内容を総合すると、ぼくの作家人生は非常に順調に滑り出していることがわかった。そういう意味でも読んで良かった本だ。

と、同時に課題も見えた。著者によるプロモーション、特に書店へのプロモーションは不足している。自分が営業マンになるくらいの気持ちで頑張らないといけない。何をどう頑張るかというところから考え始めないといけないのだが。

もう一つ。

・売れっ子になっても締め切りを守ることが最高のブランド

「確かに作家というものは書けない時には書けない。
泣こうが喚こうが逆立ちしようが、書けない時にはひたすら書けない。
アイデアが尽き果ててノイローゼになって死んでしまう作家もいる。

それでも敢えて私は言いたい。

どんな職業でも締め切りを守れなくなったら、もはやプロではない。」

この言葉は書き写してどこかに貼っておこう。
デビュー作は、約1ヶ月の遅れで完成した。二作目は締め切りを決めなかったこともあるが、自分が想定していたよりも10倍くらい時間がかかっている。

収入面で考えても、著者の精神衛生面で考えても、さっさと書き上げるに越したことはない。1作目と2作目は、作家としての自分のあり方を模索しながら書いているために苦労しているところがある。後ろを見て嘆いても仕方がないので、それはいいとしよう。苦しんだ分だけ実るものもあるはずだ。

しかし、これ以降の作品では、厳密に締め切りを設けて、それに向けて書いていくことにしたい。そうじゃないと、作家生活をしていくのは不可能だ。

さあ、今そこにある原稿を愛せ!!
期待してくれている読者がいる!!

というわけで、『印税で一億円を稼ぐ』サラっと30分くらいで読めるので、お手軽に作家気分になりたい人にはお勧めの本。専業作家としてやっていきたい人にとっては必読の書!


スポンサーリンク