スタジアムに行かなければならない理由が全て書いてある本『サポーターをめぐる冒険』予約開始!


Pocket
LINEで送る


日本代表対キプロス代表の試合を見るために、埼玉スタジアムの客席に座っていた時、拙著「サポーターをめぐる冒険」がAmazonで予約開始になったというニュースが流れてきました。

購入方法などを以下に記しますのでご参照下さい!


スポンサーリンク

本屋さんで買う場合

「サポーターをめぐる冒険」は、どこの本屋さんでも見つけられるような本ではありません。もちろん、話題になっていけば、並べてくれる本屋さんもあるでしょうが、現時点ではこういう印象で捉えられてもおかしくありません。

すなわち、「無名ブロガー」が書いた「不人気リーグ」の本であり、「サポーターという社会的な問題児」が登場人物の本である、と。

ぼくが無名であることは新著であるために仕方がないにせよ、Jリーグは「不人気」ではないし、「サポーター」も素晴らしいとぼくは感じました。世間に広がるネガティブな印象をすべて吹き飛ばせるくらい破壊力がある文章を綴ったつもりです。

なので、いずれ話題になって、本屋さんにも並べてもらえる日が来ると信じています!!! 書店員の方で、この記事を読んだ方がいたら、その旨を告知しますので(ついでにお店の広告も数行書きます!)、是非お知らせ下さい。

そういった事情もあるので、本屋さんで買う場合には、「予約必須」です。

そして、出版元は「ころから」という小さな出版社なので、すべての書店でスムーズに入荷してくれるわけではありません。

「ころから」社のオススメ書店リストからお探し頂ければ、発売日かその翌日には入荷されるようです。それ以外の書店だと、場合によっては10日程度かかってしまうかもしれません。

インターネット経由で買う場合

版元ドットコム

出版社から直接購入したい場合はこちらからどうぞ。

・楽天ブックス

【楽天ブックスならいつでも送料無料】サポーターをめぐる冒険 [ 中村慎太郎 ]

・Amazon
サポーターをめぐる冒険

予約とステマのお願い!

この本は、ある程度数が売れてくれないと困ります。
もちろん、ぼくの生活も困るわけですが、それは“些事”です。

この本は、Jリーグの魅力だけに留まらず日本人の幸福探求の試みの「究極の答え」としてスタジアムに観戦に行くことや、サポーターとして応援することを強く紹介した本です。「スタジアムに行かなければならない理由」が詰まっている本です。

だから、普段からスタジアムに行っている人からすると「そうだ、おまえはわかっている!」と非常に共感してもらえると思います(逆のケースもあるかもしれませんが、全員の意見が一致することはありえない!)。だから、サッカーファンの間で話題になれば細々とは売れるだろうと思っていますし、皆さんに愛してもらえる、一生本棚に並べておいてもらえる本だと自負しています。

しかし、一番大切なのは、この本が「スタジアムなんか行くの時間の無駄じゃない?」なんて行っているサッカーファンや、「サッカーってよくわからないんだよね」と言っている潜在的なサッカーファンまで届くことです。

この本を切っ掛けに、第二次Jリーグブームを起こすという気合いを入れて書きました。もちろん、そこまで大きなことをするのは「サポーターをめぐる冒険」の力だけでは難しいかもしれません。けど、切っ掛けの1つにはなるかもしれません。何せ今は、サッカー王国ブラジルでのワールドカップの真っ最中なのです。日本中が、サッカーに注目している瞬間なのです。

ワールドカップで高まったサッカーへの熱を、そのままJリーグに向けてもらうことが出来れば、第二次Jリーグブームも夢ではないと本気で思っています。

今は過小評価されていますが、Jリーグにはそれだけの実力があると思っています。

こういった気持ちに共感できる方は、是非「予約」と「ステマ」にご協力頂きたいです!!

・予約について

本を何部くらい印刷するかについては、出版社が状況をみて決定します。10万部刷ったのに、500冊しか売れなかったとしたら9万5千部の不良在庫が生まれ、大赤字になります。だから、売れ行きをみながら少しずつ出版部数を増やしていくことになります。

ぼくの本が売れる保証はないので、出版部数は1000~2000部程度になると聞いています。このくらいの発行部数で終わってしまうと「ああ、本を書いたね、おれ、頑張ったね。」と自己満足するだけのレベルです。かなり手間暇をかけた「名刺」を作っただけになってしまいます。

やはりこの本は、まずは多くのJリーグサポーターに届け、次のステップとして広く世間へと広めて行きたいと考えています。

例えば出版部数が1000部で、予約が2000件あったとしたら、「お、これはもう少し売れそうだ。今のうちに3000部まで増やそう」と先手を打つことができます。
予約件数が多ければ、いざという時に「品切れ」になってしまうという事態を回避することができます。

上述しましたが、発売日後スムーズに本を手に入れるためにも予約は必須です。

購入をご希望の方は、是非御予約を!!! 

・ステマについて

後は、この本を読んで頂けた皆様の「心温かいステマ」に強く期待しております!!

ステマというのは半分冗談ですが、小さな出版社から出したので「営業」はあまり強くありません。何故かというと、製作したスタッフは……

社長・編集・営業 (FC東京サポーター)
事務など (FC東京サポーター)
デザイナー (浦和レッズサポーター)
表紙などのデザイン (浦和レッズサポーター)

これに作家の「中村慎太郎」を加えた5名です(知りうる限り)。

なので、社長・編集・営業などすべてを担当する方と、作家のぼくで頑張って売り込むしかない状況です。

もちろん、この状況は覚悟の上です。「金儲け」だけが目的なら、例えば電子書籍を個人で出すなどしたほうが余程効率がいいです。この本は、Jリーグを心から愛するサポーターだけで作った本ですし、だからこそ本当に大切なものを伝えられていると思います。

なので、内容にはとても満足しています。「鹿島アントラーズのチームカラーは赤」という原稿を「アントラーズレッドと呼ばれる深い赤」に修正してくれる編集者さんはとても貴重だと思うのです。10年以上、Jリーグを愛してきた人たちに支えられたことで、本のクオリティは高まっていきました。ブログの文章とは質が違うものになったと思います。

内容には自信がありますが、営業が弱いのも事実なので、「サポーターをめぐる冒険」が面白いと思った方には、ほんの少しだけでもいいので本を話題にすることを手伝って頂けると本当に助かります。

具体的には……

・TwitterやFacebookなどのSNSで話題にする・Blog記事にする

・Amazonや楽天などのレビューを書く(これは結構“効く”らしい)

・Jリーグが人気のある地域の本屋さんにPRする

・友人・知人・父ちゃん・母ちゃん・親類・ポチ・タマにクチコミでPRする

・サポーター仲間に伝える

(そういえば、20冊買って友人に配りますって言ってた広島サポーターがいたはずなんだけど誰だっけな……名前をメモっておけば良かった!)

などなどです。

この本は、Jリーグを愛するサポーターの熱を受けて、この世に生まれてきました。

だから!

皆さんの力で売って下さい!!

と、若干投げやりで他力本願な形ですが……

是非、皆様の清き一票を!!

よろしくお願いします!!!

追記

・『サポーターをめぐる冒険』は、6月8日に開催する「出版記念講演」でも購入することができます。もしかしたら、この時に買うのが最速かもしれません。

「はとのす/中村慎太郎 『サポーターをめぐる冒険』出版記念イベント Jリーグ初観戦、そしてブラジルへ!!」

・Amazonだと6月11日発売ということになっています。ネタバレ云々はあまり気にならない本だと思いますが、一応アマゾンの発売日から二三日は、内容に突っ込んだTweetなどは控えるつもりです。

・Amazonのリンクから「えのきどいちろう」さんの紹介文も読むことができます。ちなみに、えのきどさんは、この本の中で紹介されている、新潟サポーターが集う居酒屋にご縁があるとかないとか!


スポンサーリンク