ブロガーから作家になってブロガーに戻った人のブログ

はとのす 

はとのーと

【ゆる感想:セレッソ大阪vsサンフレッチェ広島】フォルラン祭りの第一章【2014-J1-1節テレビ観戦】

投稿日:

Pocket
LINEで送る

セレッソ大阪vsサンフレッチェ広島@長居

もう、この試合は、フォルラン、フォルラン、フォルラン、フォルラン、フォルラン、フォルラン、フォルラン祭り。
フォルランが観たいというモチベーションが90%。

フォルランは当初は先発しない予定だったらしい。ポポビッチ監督曰く、まだ連携が出来ていないから、と。
しかしながら、興行としてはフォルランを出さないという選択肢はない。
もう監督の意志とは関係ないところでフォルランの出場が決まったとすら思えてくる。

もちろん最終決定権は監督にあるにせよ、頼み込まれたらノーとは言えないでしょう。

Jリーグ全体を盛り上げるという意味でも、開幕戦にフォルランは必須だ。

試合前に厳しい表情でピッチを睨むフォルランが映るだけでテンションが上がる。
フォルラン、フォルラン、フォルラン!!

出場選手 引用元 J's goal

セレッソ大阪

GK 21 キム ジンヒョン
DF 4 藤本 康太
DF 14 丸橋 祐介
DF 17 酒本 憲幸
DF 23 山下 達也
MF 2 扇原 貴宏
MF 5 長谷川 アーリアジャスール
MF 6 山口 蛍
MF 13 南野 拓実
FW 8 柿谷 曜一朗
FW 10 フォルラン

ベンチ
GK 1 武田 博行
DF 3 染谷 悠太
DF 7 新井場 徹
MF 30 ゴイコ カチャル
MF 11 楠神 順平
FW 9 永井 龍
FW 20 杉本 健勇

監督
ランコ ポポヴィッチ

フォルランと柿谷がトップで、南野きゅん、山口蛍、アーリア、扇原がその後ろに構えている布陣。
連携が出来ていないというフォルランをどう使うのか。
カチャルも控えなのね。

サンフレッチェ広島

GK 1 林 卓人
DF 33 塩谷 司
DF 5 千葉 和彦
DF 4 水本 裕貴
MF 2 ファン ソッコ
MF 6 青山 敏弘
MF 30 柴崎 晃誠
MF 16 山岸 智
MF 9 石原 直樹
MF 24 野津田 岳人
FW 11 佐藤 寿人

ベンチ
GK 13 増田 卓也
DF 17 パク ヒョンジン
MF 28 丸谷 拓也
MF 25 茶島 雄介
MF 36 川辺 駿
MF 37 宮原 和也
FW 29 浅野 拓磨

監督
森保 一

だいぶ人が減ってきた印象。
先日のスーパーカップで清水は肋骨を怪我してしまったようだ。
新加入の柏もいないし、高萩もいない。ミキッチもいない!
森崎もいない。両方いない。

どうすんねん、これ。

セレッソ大阪の悲願

セレッソ大阪はクラブ開設以来20年の節目の年らしい。
wikipediaを覗いてみた。

初年度である1994年に、JFL優勝、天皇杯準優勝を果たす。
天皇杯準優勝って、これはかなり凄いんじゃないだろうか。
2回戦でヴェルディ川崎、準決勝で浦和レッズに勝っていた。JFLで?
(と思ったけど、当時はJ2もなくてJリーグのすぐ下がJFLだったみたい)

その後はJ1の下位とJ2を行ったり来たり。天皇杯準優勝が2回あるもタイトルには届かず。

昨年度の後半は猛追し4位までせり上がった(ここからはようやく歴史に参加できた)。

というわけで、タイトルは悲願らしい。☆の形が表示されるコレオをやっていた。

セレ女を初目撃

知人のセレッソサポーターに、「セレ女をいつか取材したいからその時教えてね」と伝えたところ、

「うちのおかんでいいですか?」

と、返されて以来、セレ女というものは幻なんだろうと思っていた。

しかし、ピンクに染まったスタンドが映し出されると確かに若い女性が多い。
流石イケメン軍団セレッソ大阪。
これは一時的なものだと懸念する人もいるかもしれないけど、スタジアムが埋まるのはいいことだ。

この日は37079人も集まった。凄いことだ。

これだけの人が集まったスタジアムにはエネルギーがあり、魔法があるのだ。

この満員のスタジアムでスペクタクルな面白い試合を観たら……運命が変わるかもしれない。

試合のざっくりとした感想

フォルランに胸がときめく。
もう、フォルランがボールを持つことばかりを待ち望んでしまった。

ぼくもフォル男らしい。フォルボーイ。フォルオトコ。
と、思ったら千葉ちゃんがフォルランに話しかけていた。
笑顔で。

しかし、あんまり相手にされていなかった模様……

ちば! ちば! ちばたつひこ!

注目のフォルランの出来は……

ところどころ大物の片鱗は見えるんだけど、全然生かし切れていないようだった。
連携が出来ていないというのは本当の話だったようだ。
ミドルシュートを撃った時には期待したが、枠を捉えなかった。
FKも壁にあたってしまったので評価不能。

序盤の柿谷との連携とか、最後の方で見せたワンツーなんかはとても良かった。

中盤以降は、前線のフォルラン柿谷に繋がらなくなった。
解説曰く、2人はストレスをためているらしい。

いやいや、こっちもストレス溜まるよ

結局うまく噛み合わないままフォルランは杉本と交代。

これ、どうするんだろうね。
トップ下フォルランとかもいいのかもしれないが……

右サイドの酒本が持った後、どこに出したらいいのやらという状態になってフリーズするのを何度か観た。
(あれは丸橋じゃなくて酒本だったと思うけどちょっと自信がない。)

しばらく見守りたいところだけど、ACLもあるし、注目度も尋常なく高そうだし、なかなか大変そうだね。

広島さんの凄み

初めて広島を観た時に、「広島さんはサッカーが上手だ」と思った。
小憎いくらいパスが回っていき、相手に主導権を握らせない。

結局負け試合は天皇杯決勝しか観ていないのだが、あの時はなんかパワーがない感じだった(何となく、ね)。

今回も怪我人だらけでかなりきつい状況だったのだろう。攻めに迫力がなかった。
それでも、セレッソ大阪に比べてはるかにうまく機能していたので、中盤以降は広島ペースに。

そして後半。
石原がゴール前で粘って粘って粘って、マイナスのクロス。
これを塩谷がボレーシュート。これが決まって1-0。

塩谷がここまで上がってくるというのが凄い話だ。いや、詳しい人からすると、何か戦術的な説明があるのかもしれないけど……広島の戦術はややこしくて全然わからない。
ともかく、広島が先制。そのまま試合を決めた。
広島さんはサッカーが上手い。

途中から出てきた浅野が、野津田との連携でゴールを脅かした。
スーパーカップの時と同じパターン。予習されちゃったかもしれないね。

解説曰く、浅野は腐らずに頑張る良い子らしい。

なんというか……
あんまりおもしろく……

正直、微妙な試合だった。

セレッソ大阪もいまいち噛み合っていなかったのだが、広島にもワクワク感がなかった。
高萩さんがいないのも大きいのかも。あ、あとミキッチもか。これだけ怪我人いてどうやって攻めるんだって感じだもんね。普通に考えたら。

結論1:Jリーグを盛り上げるためにもセレッソさん(ポポビッチさん)頑張って下さい。

結論2:広島さんはサッカーが上手。

-はとのーと
-, , , , ,

Copyright© はとのす  , 2019 All Rights Reserved.