ブロガーから作家になってブロガーに戻った人のブログ

はとのす 

はとのーと

【ゆる感想:柏レイソルvsFC東京】熱い試合。エドゥーと武藤が存在感を示す。【2014-J1-1節テレビ観戦】

投稿日:

Pocket
LINEで送る

柏レイソルvsFC東京 @日立台

前回の対戦でボロカスになって、スタンドも大荒れで、FC東京ごと嫌いになりかけたというトラウマがある対戦カード。

新監督によってどう変わったのか。超絶にいい男のエドゥーはどうなのか。
ACLがないために優勝候補にもリストアップされている柏さんの出来映えはどうなのか。楽しみなカードだ。

国立競技場で甲府vs鹿島を観たあと、ネットを遮断して慌てて帰ってきた。

テレビをつけると「東京こそすべて!」のチャントが聞こえてくる。
東京の試合だ。この瞬間にテレビに齧り付いた。

スタッツなどの引用元はJ's Goal
両チームの先発はこんな感じ。

FC東京

GK 20 権田 修一
DF 2 徳永 悠平
DF 3 森重 真人
DF 5 加賀 健一
DF 6 太田 宏介
MF 4 高橋 秀人
MF 38 東 慶悟
MF 8 三田 啓貴
FW 9 渡邉 千真
FW 11 エドゥー
FW 14 武藤 嘉紀

エドゥーがワントップに入り、二列目に千真と武藤、三列目に東とたまちゃん、アンカーの位置にタカヒデ先生。
今年から正式加入の武藤がいきなり先発、さあどうなるか。
ヨネは怪我したのでいない…… ヨネ……

ディフェンスラインはお馴染みの感じ。
マテウスは長期離脱の可能性があるらしい……

柏レイソル

GK 21 菅野 孝憲
DF 5 増嶋 竜也
DF 3 近藤 直也
DF 4 鈴木 大輔
MF 13 高山 薫
MF 8 ハン グギョン
MF 7 大谷 秀和
MF 22 橋本 和
FW 10 レアンドロ ドミンゲス
FW 11 レアンドロ
FW 9 工藤 壮人

工藤が日本代表に選出されたことで、自信を持ってしまうと怖いなぁというのが最初の印象。
オフシーズンに嫁さんの勧めで断食ケアをしていた増嶋は無事にスタメン。それほどじっくり見ていたわけじゃないけど、動きに影響はなさそうな気がする。
ぼくは、あのやり方は「あり」だと思っていたので、賭けに勝った気分。

試合の展開をざっくり

開始30秒くらいで、森重からのロングフィードを受けて、最終的にはたまちゃんがシュート。
去年とは違う感じだね。

・大事に大事に繋いで、シュートまではいけない。
・うまく繋げとうとしすぎて中盤でボールを失いカウンターを食らう。

この2つは大きな問題になっていたように思うし、新監督としてもこれを変えたかったのだろう。
だから、最初は思い切りいけと指示を出していたのだ(個人の妄想です)。

アナウンサーの方が「開幕戦だからアウェーでもぎっしりですよ」と言っていたが……

異常に狭いんだよ!!

アナウンサーさんが現場のことがわからないというのはちょっと切ないね。
行ったとしてもピッチから見上げてたり記者席だったりするのだろう。
一回あの牢獄みたいなところに行ってみると感覚も違ってくるとは思うんだけどね。

さて、FC東京は前半はしっかり全員で戻って守っていた。守るときは守り、攻めるときは攻めるというスタイルなのか、それとも開幕戦だからそうしていたのか。

そんなことを考えていると、森重がCKからものすごいヘディングシュートを落とす。菅野の好セーブに阻まれてしまったけど、あの高さは凄い。
菅野選手がいかに凄いのかというのをこの間の飲み会で力説されてしまった後なので注目してみていたけど、確かに反射速度は並外れているかもしれない。

去年柏の試合は2回観に行って、いずれもゴール裏だった。そして、柏じゃないチーム(浦和と東京)を応援していたこともあったので、あの安定感と、決定機をしのいでしまうセービングの上手さには憎らしさすら覚えたほどだった。(ナオが決めてくれたけどね)

35分経過の時点で、シュート本数は柏が0の東京が5。
うん、数字上は優勢だね。
と思ったら工藤に決定機。

43分にはゴールの間近から、レアンドロ・ドミンゲスのFK。
外れたけど非常に危険なシュートだった。

このFKで壁を作るときに、エドゥーがかなり積極的に声を出してやり合ってるのをみてなんか安心した。
勝利を目指して泥臭くなれるタイプの選手なのではないだろうか!

というわけで、前半終了。
レドミ、レアンドロ、工藤の三人が絡むと怖いね。

……とこの時は軽く思った程度だった。

後半開始早々。
こーすけがロングフィードを出して、エドゥーが胸で方向を変える。そこにたまちゃんが走り込んでシュート。
うまく押し込めなかったのだが、相手DFのクリアボールが菅野に跳ね返って戻ってきて、そこをたまちゃんが押し込んだ。

なんつう泥臭いゴールだ!!でもゴールだ!!!

エドゥーのポジション取り、競り合いの強さ、判断力はかなり武器になりそう。
ど真ん中でボールが収まるのは大きい。
185 cm 90 kgと体格も立派。
足はあんまり速くないみたいだけど、左足で強烈なシュートを撃つ場面もあったし、なんか凄く良い選手のような気がする。

53分にも千真がヘディングからこぼれ球になって、それを押し込もうとしたのだが、こちらは入らず。
あれが入ってれば勝ってたね……

そのあとくらいに、たまちゃんがファールをうけて靴が脱げた。なんか和んだ。

右サイドでボールが詰まって、オフェンスが停滞しそうになった時、タカヒデ先生が追い抜いていってそこに縦パス。
完全にドフリーでクロスをあげて、これまたドフリーで武藤がシュート。

ちょっと下がりながらのシュートではあったけど、枠を外しちゃったのは痛かった。
武藤も悔しいだろうなぁ……

なんでナオじゃないの?という疑問を持ちつつも、武藤もかなり良い選手かもしれない。
縦に進んでいく力が強いので、何度もチャンスを作っていた。エドゥーとセットで使いたい感じなのかな?

そして57分。中盤でボールを持ったレドミさんを武藤が止めた。偉い!!!よくやった!!!

というのも、レアンドロ・ドミンゲスという男……

観戦歴の浅い自分はよく知らなかったのだ。
レアンドロ・ドミンゲスがこれほどの化け物だとは……

なんか、マークが1人いても全然平気みたいだ。
自由に周りを見渡しつつもボールを動かして、ポンっと縦に出したパスが、危険な位置にいるレアンドロ(もう1人のほう)に繋がる。
そして、そのボールが工藤に繋がると……

いや、この3人、本当にたちが悪い。
レドミのところが止められないから、どうにも止めようがない。

あーこりゃやばいな。と思ったら、やっぱりその3人のコンビネーションで崩されて、工藤のシュートを押し込まれる。
権田も触ってたんだけどね…… 惜しかった。

その後、レドミからの決定的なパスを狩野選手が外してしまったり、工藤が再びもの凄いシュートを撃って辛くも権田が止めたり、レドミがボレーシュートを撃ったりと危険なシーンが目白押しだった。

レイソル強い。本当に強い。鬼のように強い。
レアンドロ・ドミンゲスがこんなに恐ろしいとは思わなかった……
かつてのMVPということだけど、それだけのことはあるわ……

それでも、FC東京はいい試合をしたと思う。
途中までは「これなら優勝狙えるで!!!」と思ったくらいだし。
(その直後に工藤に決められてしまったが)

内容的には7:3から6:4くらいでレイソルのものだったかなという気がするんだけど、あれを凌ぎきったことと、きつい時間でもチャンスを作れていたことは賞賛してもいいのではないだろうか。

どうなんだろう? 専門家の話を聞いてみないとわからないけど、去年観ていた時よりは試合が面白かったし、はるかに期待できそうな感じがしたのはぼくだけだろうか?

いやー今年は楽しみだね!!
開幕戦は4試合観たけど、そのうちで一番面白い試合だった。

サッカーダイジェストの順位予想を観たら、FC東京は10位になっていたけど……もうちょいいけると思うんだよなぁ。贔屓目なのかなぁ……

今日の結論:エドゥーはピッチの上でもイケメン

<追記>
権田のセーブ、工藤に決められてしまったわけだけど……

こんな記事をみつけた。

「東京GK権田「一瞬」で高次元の判断」

あれ狙ったの?! まじで? もう少しだったじゃないか! 凄いね。
この分だと世界に飛び出す日も近そう。そしたら塩田が(以下略

-はとのーと
-, , , , , , ,

Copyright© はとのす  , 2019 All Rights Reserved.