【北ノルウェーの野鳥】北欧風プレゼンテーションを聞いてきた


Pocket
LINEで送る

9月18日に日本野鳥の会東京の主催で行われた交流会に参加してきた。タイトルはこちら。

【北欧】北ノルウェーの鳥たち-北極圏の1年-【オーロラの下で】

北欧というのは、我々日本人にとっては特別な響きのある地域のような気がする。交流会前後に読んでいた村上春樹のエッセイで、地球上には「辺境」は残されていない、どこにだって行くことが出来ると書いてあった。北欧には行くことは出来るし、住むことも出来るが、その中では最も「辺境性」の高い場所なのではないだろうか。

まず、日照時間が狂っている。夏場は一日中明るいし、冬場は一日中暗い。オーロラが出たり、いつ止むともしれない雪が降ったりする。村上春樹の繋がりで言うと『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』という小説に出てくる「世界の終わり」の情景は、北欧のことなんじゃないだろうかと思っている。

北欧は、すぐ隣に北極があるという文句なしの「辺境」に位置しているが、文明があり、お洒落な家具があり、大学がある。大学には世界各国から留学生が集まる。日本からも行く人がいる。

その日本からの留学生の1人が今回のプレゼンターだった。

北欧クオリティなプレゼンテーション

ノルウェーに行ったのは、勉強と科学研究のためとのことだったが、研究対象は鳥ではなかったらしい。しかし、子どもの頃から野鳥観察が好きで、講義の合間に鳥を探しに行っていたということだ(その逆ではもちろんないはずだ)。

プレゼンテーションは、ノルウェーの1年を追っていく形で展開された。
季節ごとに出現する鳥類たちが、”美しすぎる写真と動画”と共に淡々と紹介されていった。

BBCのドキュメンタリーを見ているような気分になった。非常に完成された美しいプレゼンテーションだった。

どういった鳥類がいるのか、どんな写真が紹介されていたのかについては、ぼくが書くよりもご本人のブログを閲覧して頂く方が100倍良いと思う。是非ご覧頂きたい。

Field Photo Gallery Blog 日記版

写真はFlickrというウェッブサービスにまとめてあったので、写真の一覧が見たい人はこちらもどうぞ。
Flickr
Here are my works!

しかし、美しいプレゼンテーションだった。
何故これほど美しさを感じたのかを、帰り道に考えてみた(そうでもしないとこの記事が書けなかったのだ)。

これはプレゼンテーションが北欧的だったのかもしれないと感じた。「北欧的なプレゼンテーション」というものが世の中に存在するとは思えないのだが、後々考えるとそういうことなんだろうと思う。

写真や動画がすべて高品質で、かつ、センスに溢れるものだったということもあったが、プレゼンターの語り口がエモーショナルではなく淡々としていたことも良かったのだろうと思う。

情熱溢れる予備校教師の講義も説得力はあるかもしれないが、あれの正反対のものだった。

話すべき事を順序立ててゆっくりと落ち着いたトーンで説明していく方法はとても心地が良かった。思うに、プレゼンターは1年間北欧に住んでいたからああいう話し方になったのではないだろうか。

落ち着いた人をリラックスさせ、安心させ、信頼させるような空気を味わいながら、ジュールベルヌ作の『地底旅行 』に出てくるアイスランド人“ハンス”を思い出した。アイスランドもノルウェーの近所だから、似たような空気の中にあるのかもしれない。

ちなみにハンスはケワタガモの猟師。といっても銃で撃つわけではなくて、胸の毛を使って作った“巣”を回収して羽毛を得ることを生業としている。

土地柄というのはあるんだろうと思う。それには、気候、風景、人の密度、人口、野生生物など様々な要素が絡まり合って、人間に影響を与えていく。もしプレゼンターの彼が大阪で営業職をやっていたとしたら、“ああいう風”なプレゼンテーションはできないのではないだろうか。

そう考えると、自分のプレゼンテーションはまるで“詐欺師の説法”みたいだったなと妙に気恥ずかしくなってしまった。

ちなみにあんまり褒めるのも気味が悪いので、唯一プレゼンターがエモーショナル(?)なことを言った部分も紹介したい。

“ウソ”という鳥が出てきた時に「ウソじゃなくてホントなんですよ~」とジョークを飛ばしていた。しかし、観衆達は美しい写真と説明に魅入られていたため、うまくジョークを拾えなかった。結果として、ジョークはダダ滑りのような状態になってしまった。

そりゃ、あんなに落ち着いた雰囲気で、おっさんジョークが飛んでくるとは誰も思ってないからね。

というわけで、今回の交流会も大変有意義だった。とても楽しかった。
プレゼンター様お疲れ様でした。framúrskarandiでした(あってるのか、これ?)。