歴史に残る名ゲーム 日本Xイタリア コンフェデレーションズカップ2013


Pocket
LINEで送る


旅先からダラダラと感想。

スポンサーリンク

日本対イタリア。本当に面白い試合だった。
日本の1点目のPKは誤審気味ではあったけど、躊躇なく飛び込んでいった岡崎の手柄とも言えるかもしれない。

2点目の香川のボレーには目を疑った。本物のスーパースターだ。

3点目は、警戒される中セットプレイからねじ込んだ。
決勝点にならなかったため注目されることはなかったけど、あのイタリア相手に少なくとも2点は実力で決めたのは誇ってもいいと思う。

イタリアの1点目は悔やまれる。
勝負所を知る男、ピルロを舐めてはいけない。
コーナーキックが決まると、日本のディンフェンスが整う前に正確な低いクロスを蹴った。

決めたのはデロッシ。
個人的にイタリアは大好きなチームなのだけど、その理由の1つがデロッシ。
何から何までハイクオリティにこなし、勝負所では果敢に身体を投げ出してゴールを奪いに行く選手。今回はデロッシにやられたと言ってもいいかもしれない。

4点目もデロッシからの見事なスルーパスを通されての失点だった。

日本のディフェンスの目標は、ピルロとバロテッリに好きにさせないことだったと思われる。それはある程度達成できたのではないだろうか。

ピルロとバロテッリと軽々しく言うけど、この2人は超ド級のワールドクラスなわけで潰すのは簡単なことではない。

「パスの起点となるピルロを潰せ」というのはどこのチームでもやることだが、潰すのは難しい。センターバックとのパスワークを通じてボールキープするのはお手の物だし、周囲にはモントリーヴォとデロッシというテクニックに優れた選手が配置されている。

けど、これ結構潰せてたんじゃないだろうか?

CBからピルロにパスが入って、そこから縦にずどんと蹴られてしまうと非常に危険だ。
バロテッリに広いスペースを与えてしまうと、「世界で誰も止められない」級のスーパープレイをされてしまう可能性がある。

けど、CBからピルロのラインはあまり繋がっていなかったような印象がある(もう一回ちゃんと観ないとわからないけど)。とすると、前田と本田が縦のラインを必死に潰していた結果ではないだろうか。

ピルロが自由にボールを持てないとイタリアにリズムは作れない。
日本が押せ押せになっていた前半戦も、実はボール保持率はあまり変わらない。しかし、流れは圧倒的に日本だった。このへんにイタリアのリズムの悪さが出ているかもしれない。

2人のCBを1人で追って、縦パスを止める仕事をしていたとしたら前田がヘロヘロになるのは当たり前田の(以下略
そのため、前田を下げてハーフナーにしたことは悪い采配ではないと思う。

ハーフナーは最近ヘディングでの得点力を上げていて、オランダリーグでも結果を出している。前田に代えるならハーフナー以外にはありえない。
乾も使えたらいいんだけど、出すところがない。

CFは無理だし、サイドには岡崎と香川がいて絶好調だし、本田も絶対変えられない。本田をトップに上げたら誰がピルロを守ればいいのか。
(本田のディフェンスが利いてると思うんだけど、実際にどの程度インパクトがあったかは見直さないとわからないが……)

右サイドから力業で崩して、中央のハーフナーで勝負という形を目指して内田を酒井弘樹に代えたはずなんだけど……酒井は何本からクロスを上げただけでいまいち機能しなかった。もうちょいガツガツやっても良かったのかなと思う。

機能しなかったはいいすぎなんだけど、ディフェンスを壊すほどのインパクトはなかった。狙いははずれたけど、交代がおかしいってほどではないかなと感じた。

ザックを批判している人は、どうすれば良かったと言っているのだろうか。

本田ゼロトップが機能しないことはわかりきっているので、ワントップを代えるしかない。交代要員はハーフナーしかいない。キャプテン長谷部と遠藤は外せない。
相手が疲れてきた時に真価を発揮する長友も外せない。CBは代えがいない。

香川と本田は中心選手なので外せない。

岡崎を代えて乾という選択肢もあったかもしれないけど、当たっているザキさんを下げてまで乾を出してもなぁ。

だからウッチーのところしか代えようがなくて、弘樹を出したのは自然な流れのように感じた。成功したとは言いがたいけど、経験積ませておく必要はあったのかなと。

92分で長谷部の代わりにケンゴを入れたのは、最後のパワープレイに賭けたのかなという気はするけどちょっとわからない。

ともかく、ピルロとバロテッリに仕事をさせなかったという点では合格なんじゃないかしら。あのクソ強いドイツ代表だってバロテッリに2点ぶち込まれて破れたわけだし。今野も吉田も本当に頑張っていたと思う。でも、90分間ノーミスでやり通せるほどの実力はまだなかったから、吉田のミスから失点してしまった。

あれは防げた失点だった。1点目も防げたと思うから3-2で勝つことも不可能ではなかったかもしれない。

けど、イタリア代表は4回もワールドカップで優勝している本物の強豪チーム。世界最強の一角といってもいい。

去年のユーロ2012では、予選でスペイン相手に引き分け、イングランド、ドイツに勝って決勝まで行ったチームだから、勝ち方を知っていた。

決定「機」の数なら日本の方が多かった。
しかし、決定「率」では圧倒的にイタリアだった。
その差がレベルの差だと言える。

J1とJ2の違いは決定「率」の違いだけ、と言う人もいるくらい。これは経験の差ともいえるかもしれない。

スポンサーリンク

このブログの右上に載っているサイモンクーパーによると、サッカー強国であるかどうかには国際舞台での経験値が非常に大きく影響するそうだ(重回帰とか使って計算しているので興味ある方は是非読んでみて)。

その点日本は経験が足りなかった。百戦錬磨の34歳が勝負をかけてきたとき、日本はのんきにマークの確認をしていた。この差だ。

日本が負けたことは悔しいが、コンフェデで勝つことには大した意味はない。大舞台での練習試合というくらいの位置づけで十分だ。しかし、世界中の人が観ていた。

日本の強さ、パスのエレガンドさ、そして経験の足りなさは世界中の人に伝わっただろう。これから1年間、どれだけ経験を積み、チームを強化していけるか。

真のジャイアントキリングはW杯で起こせば十分。

ブラジル、ドイツ、イタリア、スペインに勝つのはなかなか厳しいが10回やれば2回勝つチャンスはあるのではないか。

イングランド、アルゼンチン、スウェーデン、オランダ、ポルトガル(出てこないかもだけど)あたりには勝てる可能性は十分にあると思う。

このくらいの強さなら、ベスト4くらいはリアルな目標として持っていいと思う。
そして、ベスト4まで狙える実力があれば……優勝すら視野に入る。

スポンサーリンク