はとのすワーク はとのす日誌

執筆強化週間に突入。1週間、いや、2週間で蹴りをつける。

投稿日:

Pocket
LINEで送る


これから2週間程度、ブログの更新にあまり時間を割かないようにする。
とはいっても、更新自体は続ける。更新を止めてしまうとよろしくない。書き続けることが大事だからだ。

ブログの文章というのは、他の媒体に載せる文章よりもはるかに気楽に書いている。
例外として猥談タウン回覧板の記事は、ブログよりも気楽に書ける。なぜだろうか。

先日、作家としてコミュニティを創るということを宣言した。
思い立ったら吉日ですぐにでも実行したいところではあるが、その前にまずは作家としての仕事に蹴りをつける。

『サポーターをめぐる冒険』の続編については、本当に苦労している。
あの手この手を尽くしてきたし、費やした時間は『サポめぐ』の10倍くらいかかっているように思う。にもかかわらず、完成に至らない。

どうして完成しないかというと、このままでは面白くないからだ。
面白くないものを世の中に出しても意味がない。

ただ、どうやっても面白くならないものかというとそういうわけではなくて、明らかに面白いと自分では思っている。しかし、何かが足りない。

ブログを更新し続ける中で、その何かがようやく見つかった。

なので、今から1週間で仕上げる。
と思ったけど、ライター業が結構な量あるので1週間は無理だ。

月曜日はライター業で、上場企業の取材に同行するので、火曜日から着手としよう。どこかで改めて告知するが、この仕事がとても面白いのだ。

【うるる】在宅ワークを働き方のスタンダードに vol.1 | Signifiant Style

というわけで2週間で原稿を仕上げる。その間は、ブログには時間を割かない。でも何かしらは書く。サッカーの試合の感想も簡易版としよう。2週間で原稿を終えて、出版社に送りご意見を伺う。書いたけど、やっぱり面白くないねとなったらそれはしょうがない。でも、そうならない自信がある。ようやく芽生えた自信だ。

あとは、高く跳ぶだけだ!

原稿を仕上げた後は、コミュニティを創って、募集をする。集まってくれる人はいるだろうかと不安になるところもあるのだけど、一人でもいてくれたら、その方と相談しながらコミュニティを創っていこうと思う。

どういうコミュニティにするかは、原稿を書きながら平行して考えていく。

と、同時に、インタビューサイトをオープンさせる。これは、自分にとってどうしても必要なことだ。ただ、効率を考えると、文字起こしは外注したいな。そのためにも、しっかりマネタイズさせないといけない。

既に平安山さんと、横浜FCサポのサワノさんの、超面白いインタビューは収録済みなのだ。明日は、ペルーにもインタビューしたいと思っている。

コリンチャンスなどでコーチを務めた平安山良太さんには、ハトトカのゲストにも来て頂きました!
是非聴いてみて下さい!

第123回『南米のサッカーを知った気でいませんか? 平安山良太監督とブラジルサッカーを食い尽くそう 前篇』 | ハトトカ いつかあなたと文化祭

ハトトカについても、色々話し合ってきたので、この原稿を終えた後に始動させたい。

-はとのすワーク, はとのす日誌

Copyright© はとのす  , 2018 All Rights Reserved.