フットサル日誌 その1 必死にチェイシング


Pocket
LINEで送る



スポンサーリンク

フットサルをしてきた。
これからは練習の感触などを記録していこうと思う。

今日は保育園のパパママフットサル。非常にレベルが高いと聞いていたのだが、ついていけるレベルでほっとした。

都リーグでプレーしてた選手がいて、流石にうまかった。重心かけるのをしっかり見極めてから逆をつかれるので、ちょっと止めがたい。

ともあれ、楽しくボールが蹴れたので良かった。ただ、隣でヒップホップをガンガンに流してバスケの3on3大会をやっていたので、うるさくて全然声が通らなかった。蒸し暑く、中東アウェーのようだった。

そんな状態でポストプレーをすると、まったくボールを持てない。仲間がどこにいるのか、声のヒントがなきとまったく把握できないことがわかった。

練習不足でボールタッチも安定しないので、途中からポストは諦めた。足裏のボールタッチなんかもうしばらく練習してないもんなぁ。家で毎日触って感覚戻したいところ。

足腰は安定しなかったが、ちゃんとしたレベルのフットサルで4点くらい取れたから、良かったとしよう。帰り道に既に筋肉痛になっているので、やるうちに鍛えられていくだろう。

これから毎週やろう。運動が最優先や!

仕事のこと、プライベートのこと、不甲斐ない状況が続いている。全然納得が言っていない。

だから、足が動く限り、トップでプレッシャーをかけ続けた。

ボールを追いかけ、縦を切りながら距離を詰める。でも、カウンターで抜かれるほどは詰めない。

パスが出たら、リターンのコースを消しながら追いかけていく。そして、追いついたら縦を切る。仲間がいたら二人で囲む。どんなにフラフラでも、どんなに息が切れても、どれだけ足がつりそうでも、チェイスは出来る。

無駄走りになることもあるが、下手くそなぼくが出来る最上のプレーの一つだ。

常に視界に入る、常にプレッシャーをかける、絶対に振り切られない、奪ったらドリブルでゴールに迫る。

昔、昔。
アルシンドという選手がこんなプレーをしていて、小学校の担任が朝礼のときに話していた。

ああいう頑張りが大事だね、と。

正直あんまり好きな先生ではなかったが、なぜかアルシンドの話はよく覚えている。

前線でチェイスしすぎて疲れて戻りが遅れたとき、味方がボールを奪うのが見える。

攻撃だ。

と思っていたところ、ピンポイントでパスが届く。ディフェンシブが左後方から追いかけてくる。

アウトサイドで右にボールを寄せて、ちらりとゴールをみる。ファーが空いてる。

そこに蹴り込むと見せかけて、ニアの高めにシュートを決めた。気持ちいい。ニアの高めのシュートはフットサルの花形だ。

ボールは足につかず、フットワークも怪しかったが、ここのところ真面目にトレーニングしてきた甲斐があってまぁまぁの成果は出せた。

このパパサッカーは毎週あるみたいなので、これからいける日は全部行こうかな。

バスケもあるんだけど、初めてのバスケに行くのはちょっと怖い。フットサルの3倍くらい疲れるし、怪我もしやすい。

でもまぁいずれ行ってみよう。


スポンサーリンク